地域貢献について

協栄信用組合は、地域社会の一員として地域の方々との「絆」を大切にし、さまざまな活動に取り組んでいます。

平成28年度「しんくみの日週間」に合わせ、全店舗で社会貢献を実施いたしました。

  • 献血活動
    9月2日(金)本店において職員22名、お客様2名により献血に協力いたしました。
  • 全店一斉清掃活動
    9月2日(金)理事長はじめ全店191名の職員が各店舗周辺の清掃活動を実施いたしました。
  • 感謝デーの実施
    9月2日(金)来店されたお客様に対して日頃の感謝を込め「ありがとうキューブBoxティッシュ」を全店で1,000個を用意し進呈いたしました。
  • 使用済み切手の寄付
    各店舗で収集した使用済み切手約14,680枚を社会福祉協議会へ寄付いたしました。
    集められた使用済み切手は関係機関を通じて換金され、海外の医療協力に役立てられます。
  • ペットボトルキャップの寄付
    各店舗で集められたペットボトルキャップ約14,500個を燕市役所へ寄付いたしました。
    集められたキャップはリサイクル業者に売却され、その収益で世界の子供たちにポリオワクチンを寄贈し救済する仕組みとなっています。

AEDの導入

マスコミ等で心筋梗塞等による心臓突然死が報じられ、当組合でも、今後の不測の事態に備え、また、地域貢献の一環として、23年10月に本店、仲町支店、中央通支店、新飯田支店、白根支店、吉田支店、田上支店の7店舗にAED(自動体外式除細動器)を設置致しました。

設置されたAED
応急救護演習

献血活動

本店においてお客様と職員が献血に協力しています。

献血の様子
献血の様子

全店一斉清掃活動

本支店一斉に店舗周辺の道路等の清掃活動を実施しています。

店舗周辺道路等の清掃活動
店舗周辺道路等の清掃活動

地域行事への参加

燕市民祭の民謡流し「燕ばやし」や吉田地区の民謡流し「吉田繁盛節」に参加しています。
また、新潟市新飯田地区の「新飯田祭り」、同白根地区の「白根大凧合戦」に参加しています。

民謡流しの様子
白根大凧合戦

職場体験に協力

地元小・中学生の職場体験に協力しています。

小学生職場体験の様子
中学生職場体験の様子

地域安全ステーション及びうごくこども110番

当組合は、地域貢献活動の一環として、本店及び各支店を地域安全ステーション(防犯避難所)とし、子供や女性、お年寄りなどが犯罪の被害に遭ったときや遭いそうになったとき避難できる場所とします。

また、営業係のバイクや車輌に「うごくこども110番」の表示を行い、救助を求める人達を保護するとともに地域住民の被害防止を図るため、警察など関係機関との連携を図り、犯罪の未然防止や早期発見に協力することと致しました。

営業係のバイクや車輌に「うごくこども110番」の表示で、地域住民の被害防止