総合口座

詳細

一冊の通帳に普通預金(無利息型普通預金を含みます)と定期預金がセットでき、必要な時には自動借入もできる個人の方専用の便利な口座です。
貯める、支払う(公共料金・カード決済・保険料等)、借りる、殖やす、受取る(給料・年金・配当金等)の5つの機能をもつ家計の万能口座です。

販売対象

個人のお客様(お一人1口座といたします。)

期間

総合口座は以下の預金により構成されるため、各々の預金の期間となります。

  • 普通預金
  • スーパー定期(スーパー定期300)
  • 大口定期預金
  • 変動金利定期預金
  • 新型期日指定定期預金

(注)定型方式の自動継続式(元金継続、元利金継続)の定期預金が対象となります。
なお、利払式の場合の利息受入口座は、当該普通預金となります。

預入方法
  • 本商品は、上記各預金の複合商品です。
    詳しい内容につきましては、各預金の概要説明をご覧ください。
  • ただし、定期預金の最低預入金額は10,000円以上となります。
払戻方法

上記各預金の払戻方法によります。
詳しい内容につきましては、各預金の概要説明をご覧ください。

利息
  • 上記各預金の利息支払方法によります。詳しい内容につきましては、各預金の概要説明をご覧ください。
  • お借入れ利率は、各定期預金の約定利率に0.5%上乗せした利率となります。
    なお、借入れのお利息は、毎年2月と8月の第2週の日曜日の翌営業日に普通預金口座から引落しします。
税金

利息額に対して20%(国税15%、地方税5%)の預金利子税が必要となります。
ただし、マル優をご利用の場合は除きます。

※なお、平成25年1月1日から平成49年12月31日までに受取られる利息額には、復興特別所得税が追加課税されるため、20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります。

手数料

キャッシュカードによる払戻し等にあたっては、きょうえいカード規定に定める手数料をいただきます。(詳しくは「手数料一覧」をご覧ください。)

付加できる特約事項
  • 普通預金に定期預金をセットし、普通預金の残高を超える支払いがある場合、自動的に定期預金を担保に借入れ(「当座貸越」といいます。)ができます。
    なお、普通預金にご入金いただければ、自動的に返済が行われます。
  • 当座貸越の極度額は担保定期預金の合計(円単位まで)の90%(千円未満切捨て)または999万円のいずれか小さい金額とします。
  • 個人で有資格者の方は、非課税貯蓄申告制度(マル優)のご利用ができます。
中途解約時の取扱い

各預金の中途解約の取扱いによります。
詳しい内容につきましては、各預金の概要説明をご覧ください。

金利情報の入手方法

各預金の金利は、店頭備え付けの金利ボードまたは窓口へご照会ください。

預金保険について
  • 預金保険制度の付保対象預金です。
  • 預金保険によって、元本1,000万円まで(当組合に複数の口座がある場合には、それらの預金元金を合計します。)とその利息が保護の対象となります。

※なお、1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われますので、一部カットされることがあります。

苦情処理措置・紛争解決措置

苦情処理措置

ご契約内容や商品に関する相談・苦情・お問い合わせは、お取引のある「営業店」または下記の「お客様相談室」をご利用ください。

お客様相談室
協栄信用組合(総務部)
電話番号
0120-66-1534
受付日
月曜日~金曜日(土・日曜日、祝日及び金融機関の休業日は除く)
受付時間
9時00分~17時00分

なお、苦情対応の手続きについては、別途リーフレットを用意しておりますので、お申し付けください。

紛争解決措置

  • 新潟県弁護士会 示談あっせんセンター(電話:025-222-5533)
  • 東京弁護士会 紛争解決センター(電話:03-3581-0031)
  • 第一東京弁護士会 仲裁センター(電話:03-3595-8588)
  • 第二東京弁護士会 仲裁センター(電話:03-3581-2249)

で紛争の解決を図ることも可能ですので、ご利用を希望されるお客さまは、上記の「協栄信用組合(総務部)お客様相談室」または下記窓口までお申し出ください。

窓口
(社)全国信用組合中央協会 しんくみ苦情等相談所
受付日
月曜日~金曜日(土・日曜日、祝日および協会の休業日は除く)
受付時間
9時00分~17時00分
電話番号
03-3567-2456
住所
〒104-0031 東京都中央区京橋1-9-1(全国信用組合会館内)

その他参考となる事項

預金利率が異なる複数の担保の定期預金がある場合には、当座貸越の実行(支払)および返済(入金)時の貸越利率は次の順序(円位まで)で適用されます。

  1. 貸越実行(支払)の場合、貸越利率の低い順
  2. 貸越返済(入金)の場合、貸越利率の高い順