充実の研修制度で挑戦しやすい環境

本店営業部 営業課 2017年入組

竹中 淳朗

01きょうえいの裾野を広げる
新規開拓が営業の醍醐味です!

営業としてお客様のところへ足を運んでお話をするなかで、相談事やお困りごとに対して、解決策をご提案するということをメインに仕事をしています。基本的には人と会うことが仕事なので、なるべく多くの方にお会いするよう頑張っています。
これまで「きょうえい」とお取引のなかったお客様のところですと、ときには「なんだね?」みたいな反応の場合もあるのですが、そんななかで住宅ローンや自動車のローンなどをご提案して、きょうえいの「裾野」を広げられたときはすごく嬉しいですね。既存のお客様はもちろん大切ですが、新規開拓できたときの喜びは大きいです。
職場で報告すると、先輩からもよくやったなと声をかけていただいたりして(笑)。

02きょうえいで働くということは
地域のために働くということ

私は三条市の出身ですが、大学は山梨の学校に進みました。政治行政学科で地方自治法を学んだのですが、最近は人口減少という問題がクローズアップされています。そんななか、自分もなんとか地域のために仕事ができないかと考え、きょうえいを選びました。
入組したばかりの頃は、やはり金融機関らしい硬いイメージを感じましたが、職員はみんなフランクで安心しました。正直、まだ仕事が楽しいというところまではいけていませんが、生き生きと仕事をされている先輩方を見習い、自分も早くそんな姿に近づきたいと思っています。
資格取得に関しても教材の斡旋など組織だって行ってくれるので、挑戦しやすい環境にあります。私もすでにFP2級を取得しました。

03まずは先輩方に追いつくこと
資格取得は仕事を通じて!

やはり入ったからには上を目指したいというところはありますが(笑)、まだ具体的なビジョンは描けていません。まずはバリバリ仕事をされている先輩方に追いつくのが目標です。売り上げももっとしっかりと上げていかないと。
資格取得も必須ですが、これは普段の仕事がそのまま結びついていくような感じです。例えば相続で困っているお客様がいらっしゃったらそれにお答えしなければいけませんし、答えられなかったら家に帰って調べます。そういうことの繰り返しで少しずつ知識も身に付いてきます。座学ではすぐに忘れてしまいがちですが、お客様に聞かれて焦ったり、自分で汗をかいて仕入れた知識はなかなか忘れることはありませんよ。

Holiday休日の過ごし方

職場の同僚や先輩と、いまはゴルフに夢中。

大学では箱根駅伝を目指していましたが、すでに一生分走ったので陸上はもういいです(笑)。いまはゴルフですね。同期や先輩と一緒にコースに出るのですが、なかなか目標の100を切ることができていません。もともと運動部出身なので、職場の先輩や後輩と一緒に行動するのは自分にとって普通のこと。みんなで万代シテイまで服を買いにいくこともよくありますよ。